長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】
長束入れ小銭入付【1234-MBL】

長束入れ小銭入付【1234-MBL】

¥33,000
/
税込

カラー

支払いとセキュリティ

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません。
  • Amazon
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • Mastercard
  • Shop Pay
  • Visa
サイズ W18.5 × H8.5 × D2 cm
素材 サンタクローチェ®ソフト(牛革)
仕様 カード13枚収納/小銭入れ付き
備考 ※商品の色はお使いのディスプレイ・モニターにより実際と異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

ファスナーポケット(小銭入れ)付きの長束入れ(長財布)です。

13段のカード段を有する長財布は、クレジットカードや会員証など、多くのカードを携行する方にご好評いただいております。
十分な札入れのスペースと間口の大きい小銭入れスペースも搭載し、一つですべてをまかなえる使い勝手の良さが特徴です。

手触りが良い革に、薄マチ仕様の財布は、ジャケットのポケットからの出し入れもスムーズに行えます。

本体素材には「サンタクローチェ®カーフ(ソフト)」を使用。
イタリア・サンタクローチェ地方において、1000年以上の歴史がある伝統的な鞣しの技術からうまれる皮革は、傷がつきやすく、陽に焼け、水しみも出来ますが、使い込まれた痕、それこそがアイデンティティーとなり、持ち味豊かな逸品と変化していきます。

ナチュラルな風合いを生かした皮革は、使い込むほどに味わいを増し、透明感のある光沢はさらに輝きを増していく。

「トラ」と呼ばれるシワの具合など、天然皮革にのみ現れる特徴は、オンリーワンの個性として、革の表情を豊かに見せてくれます。


原型は小学館発行、「世界のロングセラー」ホンモノの銘品で紹介され、講談社発刊「男の一流品大図鑑」でもとり上げられました。

イタリアはトスカーナ州サンタクローチェ地方で1000年の歴史を持つバケッタ製法と呼ばれる、手なめし,手染めで仕上げたスムースレザーになります。 イタリアのアルティジャーノ達が作り出すこの革は傷もつけば、色落ちすることもあります。しかし、その反面、使い込むに従ってその傷も薄れ、革の艶、色の深みが増してまいります。
手脂と傷と雨風が長い歳月をかけて“世界中にただ一つ”貴方だけのモノを作り上げます。

※使用しております皮革は天然素材のため、個体により発色が異なったり、色彩が一致しない場合がございます。革の個性として、天然皮革ならではの表情をお楽しみください。

※商品の色はお使いのディスプレイ・モニターにより実際と異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

※商品は予告なく仕様変更、または製造を中止する場合がございます。予めご了承ください。

※当サイトに掲載されている商品の在庫は、直営店の店頭在庫と共有しておりリアルタイムではございません。 その為、タイミングによってはご注文いただいた商品が品切れになっている場合がございます。 その場合は当社よりご連絡をさせて頂きます。予めご了承ください。

ご希望の配送指定日をご選択後にカートへお進みください。

お買い物ガイドはこちらから

お問い合せについてはこちらから

大峽製鞄

since 1935
超一級の素材を使う

超一級の素材とは、使用する程味わいが深くなる素材のこと。

出来立てが一番良く見栄えのするもの、時間経過とともに品質劣化が進む素材では持つ人にとっての充足感は薄れていきます。

私たちの取り扱う革は、経年変化をゆっくりと愉しむことのできるもの、変わらぬ美しい表情を永く残すものと、用途に応じて使う程に味わいが増し、愛着が湧いて行きます。

シンプルなデザインを採用する

シンプルなデザインとは厳選された必要な部分のみ取り付けて、出来る限り無駄を省いたスタイルのことを差します。

最も革味を尊重し、ハンドワークの良さを生かすには、おのずと行き着く型があります。

そして華美な装飾をせずとも製品としてのバランス、絶妙なプロポーションが取れており、それが当社の定番となっていきます。

丁寧な仕事をする

丁寧な仕事とは、基本的にハンドワークと言う事です。

天然の革にはそれぞれ「目」があり、ともすれば、「目」に沿って曲がり、反り返り、目の間は伸び縮みします。
一枚一枚、性質の違う革の目を読み、曲がりに沿って鞄のシェイプを創るには、研ぎ澄まされた指先で調整できるハンドワークしか有りません。

職人の手仕事を大切にする訳はここにあります。

厳選された素材
大峽製鞄こだわりの素材を使用しています。
詳しく見る
修理について
寿命が尽きていなければ、修理・補修によって状態の回復が出来ます
詳しくを見る

最近閲覧した商品